2018年4月19日木曜日

「1日講習会」のご案内

こんにちは。心理カウンセラーの相賀ゆかです。


6月2日にクレメンティのシンガポール日本人小学校でWHO版サイコロジカルファーストエイド(PFA) 一日講習会を開催します。

シンガポール日本人会クリニック、ラッフルズジャパニーズクリニック、ジャパングリーンクリニック、ハノイのファミリーメディカルプラクティスなどの医師、看護師さんたちと共に、私も講師の一員としてちょこっとお手伝いさせていただくことになっています。

詳細は以下を参考にしてくださいね。ご興味がある方は、こちらでお申し込みください。

 ++++++++++++++++++++++++++

この度、東南アジアのハブ都市であり日本人も多く滞在しているシンガポールでPFA研修が、JAMSNETの主催で実現する運びとなりました。
 
準備にあたって、2018120日、21日にシンガポールの医療者など19人対象にPFAファシリテーター研修を実施しました。

今回の1日研修は、PFAファシリテーター研修者が講師となりますが、講習参加者が自ら考え体験する参加型研修となります。

____
Psychological First Aid PFA)について
PFA http://pfa-jp.org とは、危機的な出来事に見舞われて、苦しんだり、助けが必要かもしれない人に、同じ人間として行う、人道的、支持的、かつ実際的な支援の方法です。なかでも国際的に広く支持を受け普及もしているWHO版は、アフリカや南アジアといった地域で実際に国際緊急時支援や難民支援にあたってきたNGOなどの実務者の意見が大きく取り入れられており、精神保健の専門家のみならず幅広い職種の支援者に普及しやすく作られているという特徴があります。WHOPFAは、世界はもちろん、東日本大震災後に日本でも広く利用されています。今後起こり得る災害への被災被害者と支援者双方の心得を学びます。
++++++++++++++++++++++++++++++
研修会開催概要
日時:20186214:00-20:00(13:30受付開始)
場所:クレメンティ小学校

 95 Clementi Road, 129782
(参加費:S$35
参加対象者
医療、教育、旅行、航空、公的機関等にお勤めの邦人
心的援助の方法に興味のあるシンガポール内外の在留邦人
++++++++++++++++++++++++++++++

2018年4月12日木曜日

マンゴスティン倶楽部さんに載せていただきました

こんにちは。心理カウンセラーの相賀ゆかです。

 シンガポールを代表する日系情報誌である、マンゴスティン倶楽部さんが私のオフィスを取材してくださいました!今月号の特集ページに載せていただいています。



 
まだオープンして間もなく、ホームページを訪ねて来てくださっている方々ばかりで、どこの雑誌にも広告も載せていない段階なのにもかかわらず、こうして取材していただき、皆様にオフィスを知っていただく機会を持てたこと、感謝でいっぱいです。



今月は、産前・産後特集ということで、シリコンバレーでの日本語妊娠サポートグループでファシリテーターとしてお手伝いさせていただいていたことや、不妊治療の専門機関でのカウンセリングの経験などもお話させていただきました。この記事で少しでも多くの方が、こんなサービスがあるんだ!と、知っていただいて、多くの産前・産後・不妊に悩む女性のみならず、パートナーの男性の方々や親御さんにも、情報提供やサポート方面でのこころケアのお手伝いをさせていただけたら嬉しく思っています。



今回取材に来てくださった美人担当者さん、そしてあっという間に素晴らしい写真をとってくださったフォトグラファーの Maikoさんに感謝です!



M. photographyのMaikoさん はシンガポールでのポートレート撮影や家族写真、ウエディング、マタニティ写真も撮っていらっしゃるそうです。とってもおすすめです。

https://www.instagram.com/m.photographysg/




私のオフィスのホームページはこちらです。こちらの写真にも使わせていただきました。
www.yukaaiga.com



【無意識に演じているかも?】家族の中の役割

 家族療法では、治療を受ける人やその人の心の中に問題の原因があるという考えではなく、家族という一つのまとまりをもったシステムの問題である、という見方をします。そして、家族ひとりひとりが、健全に機能していない家族を助けるために、無意識に演じているとされる役割に注目し...