2018年7月26日木曜日

大切な人と寄り添い、一緒に歩んでいく



こんにちは。心理カウンセラーの相賀ゆかです。

 シェル・シルバースタインの「ビッグ・オーとの出会い」という絵本があります。
 

ひとりぼっちのかけらは、自分とパズルのように合体させると完全な円を作れるような相手が、自分をどこかに連れて行ってくれるのをずっと待っていました。しかし、なかなかいい出会いはありません。ぴったり合うけれど、角ばっていて前に進むことができないもの。逆に、前に転がることは出来るけれどぴったり合わないもの。こわれやすいもの。かけらを置き去りにして行ってしまうもの。たくさんのかけらをかかえこんでしまっているもの・・・ かけらは、もっと自分を魅力的にみせようと花を飾ると、花だけ持っていかれてしまうし、ネオンをつけてみると、かえって相手をおびえさせてしまいました。


ついにかけらは、自分とちょうどぴったりあう相手と出会い、楽しいひとときを過ごします。しかし時間が経つにつれ、自分だけがどんどん大きく成長してしまい、相手は離れてしまいます。かけらは相手探しに疲れて、落ち込んでしまいました。


そんな時、かけらは、今までに会ったどの相手とも様子が違うビッグ・オーに出会います。彼はかけらに対して、何も求めず、何も取ろうとはしません。ビッグ・オーは、かけているところがないので、合体して一緒に転がって前に進むことも出来ません。「君一人で転がることがきっと出来るよ。試してみたの?」と言い、ビッグ・オーは去って行きました。


またひとりぼっちになってしまったかけらは、自分自身で転がろうと決心します。最初は、ぎこちなくゆっくりと、カタンコトン。そのうち少しずつ角が取れて、小さい円になりました。コロコロ転がっていくうちに、どんどん一人で進めるようになりました。そしてとうとう、前に進んでいたビッグ・オーに追いついて、二人で仲良く転がっていくところで物語は終わります。


依存しあったり、自分で限界を決めてしまい、何もせずにただ待っていると、状況は変わりません。前に進みたければ、勇気をもって、能動的に自分の力でやっていこうとすることが必要です。たとえ最初は器用に出来なくても、自分を信じて一歩一歩踏み出すことによって、相手任せの人生ではなく、精神的に自立をしながらも、大切な人と寄り添い、一緒に歩んでいく生き方ができることを、このお話は教えてくれています。

0 件のコメント:

コメントを投稿

【無意識に演じているかも?】家族の中の役割

 家族療法では、治療を受ける人やその人の心の中に問題の原因があるという考えではなく、家族という一つのまとまりをもったシステムの問題である、という見方をします。そして、家族ひとりひとりが、健全に機能していない家族を助けるために、無意識に演じているとされる役割に注目し...