2018年8月2日木曜日

今持っているもので十分と思える気持ち『ある ある ある』




 こんにちは。心理カウンセラーの相賀ゆかです。

 日本のへレン・ケラーと言われ、ヘレン・ケラー自身も「私より不幸な、そして偉大な人」と賞賛した中村久子さん。彼女の人生は決して平坦なものではありませんでした。


 2歳の時に、突発性脱疽がもとで両手両足を失い、一時は失明まで経験します。父を失い、弟と生き別れ、痛みと苦しみに襲われる毎日を過ごした久子さん。そんな彼女に対して、厳しくも愛情を注いだ母と祖母は、彼女が将来、独立して生きるために、文字や編み物、縫い物を特訓しました。母親が再婚して、久子さんに冷たかった義父は、久子さんを見世物小屋へ身売りし、更なる苦難が続きます。「だるま娘」とよばれ、両手両足のない身体で縫い物をする芸を見せる久子さんは、そのつらい境遇を言葉に綴りました。その文章が雑誌に掲載され、彼女のことが世間に知れ渡るきっかけとなりました。


 大切な身体の一部、家族、自由を失った彼女でしたが、ないものを嘆く姿はありませんでした。彼女の書いた「ある ある ある」という詩が彼女の気持ちのあり方をよく表現しています ―― 短いけれど 指のない まるい つよい手が 何でもしてくれる 断端に骨のない やわらかい腕もある 何でもしてくれる 短い手もある  ある  ある  ある(中村久子『こころの手足』)


 そんな久子さんの生き方は、私達がいかに多くを持っているかを気付かせてくれ、あるものに感謝する心を大切にすることを思い出させてくれます。最後に、彼女の言葉をご紹介しましょう。

「人の命とはつくづく不思議なもの。確かなことは自分で生きているのではない。生かされているのだと言うことです。どんなところにも必ず生かされていく道がある。すなわち人生に絶望なし。いかなる人生にも決して絶望はないのだ。」

0 件のコメント:

コメントを投稿

【無意識に演じているかも?】家族の中の役割

 家族療法では、治療を受ける人やその人の心の中に問題の原因があるという考えではなく、家族という一つのまとまりをもったシステムの問題である、という見方をします。そして、家族ひとりひとりが、健全に機能していない家族を助けるために、無意識に演じているとされる役割に注目し...