2018年8月16日木曜日

おばあちゃんのまなざし



こんにちは。心理カウンセラーの相賀ゆかです。

 
アメリカの精神科医ダニエル・エイメン博士のリサーチによると、人は一日に平均六万個の考えが浮かぶそうです。


色々な考えが思い浮かんでは消え、外からは落ち着いて見えても、心の中では忙しく思考が駆け巡っています。


そんな莫大な時間を費やしているインナートークから受ける影響は計り知れません。調子の悪い時には、自分に対して厳しい言葉ばかり投げかけていることもあるでしょう。


しかし、「ほら、また失敗した」「どうしていつも私はこうなんだろう」と批判が多いインナートークばかりしていては、いつの間にか自分の心を傷つけてしまいます。



 そんな時は、おばあちゃんのまなざしを心に取り入れてみましょう。どんなあなたも優しく迎え入れてくれて、無条件の愛で包み込むように見つめてくれるおばあちゃんです。


あなたが立派でなくても「そのままでいいんだよ」と認めてくれて、どんな容姿でも「可愛いねえ」「かっこいいねえ」と愛らしく感じてくれて、「あなたがいてくれるだけで生きててよかった、って思うんだよ」と笑顔で語りかけてくれるおばあちゃん。


間違ったことをしたときには、あなたの中に本来持っている美しい心を信じて、知恵をもって諭してくれるおばあちゃん。

どんなあなたも素晴らしく、生きているだけで十分なんだよ、と、そんなおばあちゃんのようなまなざしを自分自身に向けてみるのです。

あなたの本当のおばあちゃんでなくとも、人生の中で出会った他の誰かや、映画や小説に出てきた登場人物でもかまいません。あなたを心から受け入れてくれそうな人の態度を想像しながら、愛情あふれるインナートークで、自分を大切にする言葉を使って、あなた自身に優しく語りかけましょう。

 

 







 
 
 
 
  
                                                   
  






0 件のコメント:

コメントを投稿

【無意識に演じているかも?】家族の中の役割

 家族療法では、治療を受ける人やその人の心の中に問題の原因があるという考えではなく、家族という一つのまとまりをもったシステムの問題である、という見方をします。そして、家族ひとりひとりが、健全に機能していない家族を助けるために、無意識に演じているとされる役割に注目し...