2018年9月13日木曜日

【どうして常識がわからないの?と思う時】相手との違いを尊重しよう


 こんにちは。心理カウンセラーの相賀ゆかです。
 
  人と接したり、考えを伝えたりする中で、相手との違いが表面化することがあります。そんな「違い」を受け入れないと、どうしても「私が正しいのに」「あなたは間違えている」という考えになってしまいます。確かに自分が正しくて、それを相手に信じてもらえない状況もあるかもしれません。また、立場によって、自分が信じていることと、相手が主張している意見が異なる場合もあります。



 自分の考え方を理解してもらうために説明したり、意見を述べたりといった最大の努力や働きかけをしても、なお相手に通じなかった場合、どのように反応するかは自分次第です。時には、なんとか相手を変えようと一生懸命になりすぎて、怒ったり、泣いたり、声をあらげたり、皮肉や意地悪なことを言ってしまったりするかもしれません。しかしそれは、本来の目的である「理解してもらう」ことをもっと困難にしてしまいます。そんな時は、相手も、自分も、その考えを持ち続ける権利があるということを認めましょう。
 


 また逆に、相手の意見をいつもそのまま受け入れてしまうと、今度は「あなたが正しい」「私が間違えている」という正反対の考えに陥ります。強く言われたからといって、納得のいかないことを同意しなくてもいいのです。特に、自分が少数派の立場であったり、不合理な支配下の状況で、周りからいじめられたり、家庭内や会社などで威圧的に責められたりしたときは、誰がなんと言おうとも、自分は自分の味方になってあげることが大切です。



 心理療法の一つにあるゲシュタルト療法の考え方では、このような状況の時には、どちらも間違えていない、と捉えます。この考えに基づいて、精神科医のパールズが作った『ゲシュタルトの祈り』という詩をご紹介しましょう。



私は私のために生き、あなたはあなたのために生きる。 私はあなたの期待に応えて行動するために、この世に在るのではない。 そしてあなたも、私の期待に応えて行動するために、この世に在るのではない。 それで偶然、気持ちが通じ合えば、それは素晴らしいことだ。 通じ合えなくても、それもまた同じように素晴らしいことだ。

 気持ちが通じ合う、通じ合わないに関わらず、相手との違いを受け入れることは、相手や自分を大切にすることだと、この詩は教えてくれているのでしょう。


0 件のコメント:

コメントを投稿

【無意識に演じているかも?】家族の中の役割

 家族療法では、治療を受ける人やその人の心の中に問題の原因があるという考えではなく、家族という一つのまとまりをもったシステムの問題である、という見方をします。そして、家族ひとりひとりが、健全に機能していない家族を助けるために、無意識に演じているとされる役割に注目し...